FC2ブログ
海辺の隠れ家サロン~パナケイア~
海から聞こえる波の音に包まれて、日常の疲れを忘れてゆっくりとおくつろぎください。あなただけの隠れ家サロン・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院
3才の娘が、「肺炎」で昨日緊急入院しました泣き

1週間前くらいから、咳と鼻水が出ていました。

3日前くらいの夜に、38度以上の熱が出たので、
小児科に連れて行ったところ、
「バリバリ音がするので、「肺炎」の可能性があります。
レントゲンをとってみましょう」とのこと。

その時も、”ギョっ”としましたが、
結果、「肺炎」とは診断されず、風邪薬をもらって帰りました。

その次の日は、朝から機嫌も食欲も良く、
熱も下がっていたので、保育園に連れて行きました。

夕方、仕事が終わって保育園に迎えに行くと、
先生に「機嫌はいいんですけど、15時くらいに
お熱が37度8分まであがったので、様子みてください。」
と言われました。

私が迎えに来てホッとしたのか、
それから娘の機嫌が悪くなりボーっとしてます。

給食参観で2度もおかわりをするくらい食欲旺盛の娘も、
その日は、食べ物を口にせず、お茶だけ飲んで
眠ってしまいました。

すると、真夜中に娘をさわると、あっつ熱!
熱を測るとなんと40度!!

救急医療サービスに電話しましたが、
鈴鹿では診てくれる病院がないので、
四日市市立病院まで行かなければいけないとのこと。
「座薬を入れても、熱が下がらなければ、連絡してみてください。」
と言われました。

旦那に座薬を入れてもらうと、30分~1時間くらいすると、
なんとか熱は下がっていったので、一安心。。。

翌日、違う小児科に連れていくと、
「肺炎」と診断され、総合病院での入院を勧められました。

総合病院では点滴で治療をしていくのですが、
普段病院を嫌がらず、インフルエンザ接種も泣かない娘が
大泣きしているのが待合で待っている私の耳に聞こえてきました。

「外で待っていてください」と言われたものの、
気になってしょうがない。

その後、治療室から出てきた娘は、
泣きはらした目でぐったり・・・・。

病室に戻っても、点滴をつけている手を見るたびに、
思いだし泣いています・・・。

それを、担当医が来たときに言うと、
「ごめんなぁ、点滴針がささらんくて、3回くらいやり直したからなぁ」とのこと!

な~にぃぃぃ!!
そりゃ、大泣きするがなぁ!!

夜中も、付き添って一緒に狭いベッドで寝ていましたが、
その日一日の恐怖とストレスで、
娘は何度も泣きながら起きては、発狂して点滴のコードを
自分の身体に巻き付けてしまって、スゴク大変!!

そのたびに、点滴の警報機がなり、看護師さんに来てもらう始末。。。

何にも出来ない自分の無力さに、ずっと泣いていた一日目の夜でした・・・・。

今は、旦那が交代で来てくれたので、
お風呂と昼ご飯を食べに帰ってきています。

これから、また昨日の夜みたいなのが来るのかと思うと、
それだけで泣けてきます。。。

でも、一番大変なのは、小さい身体で病気と闘っている娘なんですよね。。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://panakeia.blog92.fc2.com/tb.php/18-c78bbb7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

パナケイア

Author:パナケイア
三重県鈴鹿市にある海辺のログハウスでアロマトリートメントを提供しています。木の呼吸と海から聞こえる波の音、そしてアロマセラピストの温かい手で心を込めておもてなしいたします。
あなただけの隠れ家サロン・・・
http://www.mecha.ne.jp/
~panacea/

日本アロマコーディネーター協会認定 アロマコーディネーター・インストラクター
セラピストアカデミー校認定 マタニティケアアドバイザー / ベビーケアセラピスト



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。